おはようございます!北のおっさんイシです!

千歳のハローワークに施工管理の求人募集をしているんですが、まるで反響が無い!
冷やかしでもいいから問い合わせくらい欲しいのですが来ない(; ・`д・´)‼

何度かハローワークに顔を出してはいるのですが、就活人数が少ない現実と地域性があり非常に
厳しく、このままでは事は進まない。
 「ダメだ問い合わせありませんと諦めるわけにもいかない!」どうすっかなーって考えてたら
「ひらめき」アイディアの神様が降りてきました。札幌に支店開設準備室として自分の家を登録すればいいじゃないか!自分ながら天才だ!( *´艸`)と思いましたね。

 早速、ハローワーク札幌北に行き企業窓口で「かくかくしかじかで準備室として募集したい」
「あ~それは無理です!準備室から違う所に移すのらダメです登録できません。」「2~3ヶ月後にその場所で開設するならいいですけど」……「そこを何とか お・ね・が・い」「可愛く言ってもダメ~~」(-_-;)

そこで聞いた求人票のアドバイスと参考資料を紹介します。

20190404131854.jpg

在職者、求職者がそれぞれについて、合計注視時間が長い物を順位化した表です。

一番長く見るのが仕事の内容で、724.02秒と実に12分以上見てることにとなり、次に就業時間、就業場所、
休日、所在地、と続きます。となると、仕事内容の紹介文を興味の沸く内容にすれば問い合わせの確率は上がるかもしれません。千歳のハローワークではこんなことすら教えてくれなかったけど、札幌にきて勉強になりました。

 さてこれから募集をどうするか考えなくては…(+o+)

【今日の面白い話】

政治家が「最近うつ病になる教師が増えているそうですが国会議員にはうつ病になるような心の弱い人間はいませんと、(ドヤ顔)」で講演で発表したニュースで、医師が「うつ病になりやすい人は心が弱いのではなく責任感が強く仕事熱心な人で…」と解説していました。(笑)

これを読んでくれた皆さんが今日一日良い日であります様に。
GOOD LUCK!!