2019年07月の記事は以下のとおりです。

彼が残したもの

毎度!北のおっさんイシです。

 27日土曜日の朝7時半ごろ丸山代理から訃報の知らせが入った。
「工藤が亡くなったと…」

おっさんの部下として入社してまだ10日たらずの悲しい出来事に信じる事ができず、
何かの間違いであって欲しいと願った。
「イシプロジェクト」を数多く手掛けていくためには彼の経歴が最適で使いやすい人材だと感じ、かなりの期待を寄せていた。
本当であれば、そばにおいてリノベーション工事を管理してもらえば良かったのだが、畜産工事案件がありプロジェクトを進める時間がなく、しばらくの間、士別の畜産現場の職員として行ってもらっていた……。

 その日はもともと士別に作業員宿舎の打ち合わせで行く予定があったのと、工藤君からも
「イシさん私も札幌に帰りたいので迎えに来てくれませんか」と頼まれ 「ちょうど士別に行く予定あるから迎えに行くよ、月曜日からの仕事には俺の使っているADバン乗っていけよ」と

金曜日に話していた。

その日の夜、同じアパートの2階に住む協力業者と仲良くなりその人の部屋で飲んだそうです。
9時半にはその部屋を出て、階段の途中で倒れ階段下で倒れていたのを近所の住民に発見されたそうです。その日の士別は大雨で発見された10時過ぎには心肺停止、死亡していた。

 警察で遺体確認をし、間違いであって欲しいと願っていましたがその思いは一瞬できえさり、現実を突きつけられた。

 工藤君は入社して、10日たらずの人材ではあるが去年の9月から大きな成果を残してくれた重要な人物であることは間違いないと思う。

20190730174222.jpg


何故なら、大工を探せないで困っていた千歳支店を救ってくれた人物だからです。
おっさんに五成を紹介してくれて、その繋がりでオイカワをまで繋げてくれた人物だからです。

あの時現場を、千歳を救ってくれたの間違いなく工藤君なのだから、彼の入社10日は1年以上の活躍だとおっさんは思っている。

 

彼の活躍を期待していた分、残念で残念でなりません。

人の命は儚くあっけないものです、日々を悔いのない様に物事を先送りすることなく日々を真剣に生きて行こうとおっさんは思う。

 

工藤君のご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 

 

札幌に道庁!なぜだ!!

毎度!北のおっさんイシです。(-。-)y-゜゜゜

 17日に社長が面接と士別現場視察で来道した時のお話です。

社長:「イシ!札幌に事務所移転するのか?」
イシ:「はい!札幌開設準備室での募集で結果が出たので総務部長に相談します。」

社長:「ところで、何で札幌に道庁が出来たんだ!知らないか?」
イシ:「何でですかね~遊郭があったから??」
社長:「何で札幌に道庁が出来たんだ。」

このやり取りを4~5回繰り返してたので、妙に気になりだし調べてみました。

(ヤフー知恵コレより)

江戸時代後期から、徳川幕府は南下政策をとるロシアの脅威に備え、
蝦夷地の統治強化を考えました。
幕臣を派遣し海岸も内陸も調査にあたらせました。
 蝦夷地を開くとなると統治拠点となる、首府を置く必要がありふさわしい土地を当時から考えていたそうです。
19世紀の初めに近藤重蔵(幕臣)が「蝦夷地を治めるには石狩筋がよい」と提言しています。

その後、「札幌にすべき」と具体的な提言を最初にしたのは、探検家・松浦武四郎。
「北海道」の名称の考案者です。

20190723175842.jpg

彼は安政4年(1857年)に出版された「東西蝦夷山川地理取調紀行」の書物において、
「札幌に府をおけば石狩は間もなく大阪の様に繁栄するだろう、豊平川の河口は伏見に等しく、札幌の地こそ、京都にも匹敵する尊ぶべき所だ」と述べています。

 維新後、武四郎は明治政府に仕え、島内をくまなく探索した武四郎の報告を重んじ、
石狩に府を置く方針を決定します。

しかし、この時点では石狩地方のどこかであっても、札幌に拠点を置くと決めれたわけではありませんでした。

・都市の背景地として広大な平野(石狩平野)に恵まれていたこと。

・石狩川という道内一の大河が流れていること。明治初期の北海道はまだ鉄道も、道路も全く未整備状態で、内陸に踏み入るためには河川交通に多くを依存していました。

・銭函という外港があり、内地からの資材搬入が容易だったこと、
(のちの外港は小樽に移ります)

 

 札幌に道庁をを置く事を最終的に決定したのは、旧佐賀藩士で新政府の北海道開拓使半官の要職についていた島義勇という人物でした。
島義勇は「北海道開拓の父」と称されるほど開拓初期の北海道に多大な貢献をした人物ですが、
彼は石狩地方を探索していて円山に登ったとき、三方を山に囲まれ一方だけ開けた札幌の原野を見下ろして平安京(京都)との相以性に驚き、Σ(・□・;)
ここに「五州第一の都(世界一の都市)」を建設すると決断したのです。

20190723175843.jpg 

 

松浦武四郎も島義勇もともに京都とに似ている札幌こそ府を置くにふさわしい地と述べていることは注目していいことでしょう。

この国では、先年の都として繁栄を続けた京都こそ最も優れた都市建設のモデルだったと、
思われます。
優れた観察力を持った二人の人物が、札幌の原野に京都との相似を見出したのは偶然ではないはずです。

北のおっさんイシも札幌生活40年ですが、なぜ?道庁が札幌なのか考えたことすらありませんでしたが、下舘社長の4~5回の何で?のおかげで、一つ勉強になりました。( *´艸`)

松浦武四郎、島義勇も札幌を選んだように、プライム下舘工務店も札幌進出をしないと、
商売は札幌なんです。歴史が語るように千歳ではないことはこれで明らかになりました。

これを読んでくれた皆さんが今日一日良い日であります
GOOD LUCK!!

 

 

 

 

 

 

 

今日から俺はTAKE2

まいど!北のおっさんイシです。

7月16日火曜日 おっさんは…

おっさんは…( ゚Д゚)
おっさんは…|д゚)

おっさんは…(*´Д`) 

おっさんイシは 営業課長になったとです!(*^^)v

今日付けで営業課長の辞令がでたとです…(◎_◎;)

早いもので去年の8月21日に本社研修に行き、アッ!と言う間に11か月が経とうとしています。
時間の流れは本当に早い、もたもたしていると定年が来ちまうよ~(-_-;)


「残りの人生最も高いとこ目指して行けよおっさん!」と

自分に言い聞かせて進んでいきます。

20190716182350.jpg

頑張れ俺! 頑張れおっさんイシ!

かっこつけてやってみろよー!

 

 

「分かってるよ!55歳までにはビックになってやるよー!」ピック🐽じゃないよ~

デブになって「太ってビック!」そりゃ~ ビックリだね~  ( *´艸`)
そんな事にならない様に頑張るさー

 

これを読んでくれた皆さんが今日一日良い日であります。
GOOD LUCK!!

 

 

 

終わりの始まり

まいど!北のおっさんです。

今日の札幌は25℃を超えているでしょうね…たぶん、だって凄く暑いからι(´Д`υ)アツィー

 午前中にピースオブマインド東郊の金消契約がおわり、買主様に鍵引き渡しと取り扱い説明をして無事終了しました。


とりかかってから時間が長くかかった様な気がしますが、おっさんが売り出す前から出ていた2階はまだ売れていないようです。ドンドン値引きしているようですがダメみたい。

 値引きもなく、早く売れて本当に気が楽になりました。 良かったよ~(^_-)-☆

毎日売れなかったらどうしようか、どうやって売ろうかと悩んでしましたから。
本当に無事終わって「ホット」胸をなでおろしているところです。(^。^)y-.。o○

20190708165647.jpg

今日も現場の合間をみて札幌の不動産物件を見てきました。

南区真駒内にある五輪マンションです。
これは、札幌オリンピックに選手村として建てられた物件で、その当時はかなり話題になったらしいです。おっさんのワイフがこの近くで幼少期を過ごしていたので、思い出があると言ってました。フィギアスケートの「ジャネットリン」スキージャンプ「笠谷幸生」などたくさん選手が宿泊した建物です。

 

20190708180048.jpg

地下鉄真駒内駅徒歩3分の素晴らしく環境のいい場所ですが、45年前の建物なので
内装は驚くほどガサイ!ビックリ(*_*;

20190708180428.jpg

20190708180540.jpg

狭い!天井低い でも安い検討素材に登録しました。

それではこの辺でGOOD LUCK!!

 

 

 

 

 

今日から俺は!

毎度北のおおっさんイシです! 

 先月の中程から、コケコッコ農場の堆肥舎新築工事の現場に毎日来ています。
なぜかと言うと、会議で社長が「イシ!コケコッコ農場の現場所長やれ!決まりな」。
おっさん「え~~~~」と目を真ん丸くしてΣ(・□・;)驚き冗談ですよね~
工事部の皆さんも「え~~~」無理でしょーと暖かいブーイングをよそに、社長は大丈夫だ
マンションのリノベーションも自分でやったんだからその位出来る…で即決。

 その他まだ始まっていない工事2か所も「イシでいいよ」「やれ!できるだろ」はい決まり!
と、こんな感じで現場所長になった「北のおっさんイシ」なのです。

お陰様で顔は日焼けで真っ黒(◎_◎;)です。

20190703090123.jpg

 

最近、雨や曇り空が多くこの日も夕張郡由仁町は雨です。
突然の雨で型枠大工さんもずぶ濡れ、おっさんは車に避難しましたけど(-。-)y-゜゜゜

とりあえず現場は順調に進んでいるので「OK牧場」でガッツポーズ 
あ!皆さん知ってますか「ガッツポーズ」の語源の由来。
あの伝説の元プロボクサーガッツ石松が試合に勝利した時のポーズからきています。

さて、畜産現場も見ながら、イシプロジェクトを再開しようと物件探しに歩くとしますか~
今度は一気に3棟まとめていきまので、総務部長よろしくお願い致します。m(__)m

それではこの辺でGOOD LUCK!!